MEIKEN

スタッフブログBLOG

BLOG

キリム・ギャッベの魅力

こんにちは。
インテリアコーディネーターの加藤です。

段々と秋を感じる季節になってきましたね。
私はもうすでに長袖の服を引っ張り出し、夜は長袖で過ごす日も増えてきました。
季節ごとに必要な衣替えは意外と大変です。

衣替えもありますが、お布団のカバーを変えたり毛布を出したり、ラグを冬仕様にしたりなど、、お部屋の模様替えも必要になってきます。

 

。。。。

 

これも結構、大変です。(汗)

 

そこで!

今回は、オールシーズンで使える『ラグ』をご紹介したいと思います!

 

 

その名も『キリム』と『ギャッベ』。

 

 

簡単にご説明すると、
『キリム』とは、トルコを中心にアジアの広い地域で暮らす遊牧民たちが織る、平織りの織り物です。

 

 

『ギャッベ』とは、本場ペルシャ(現イラン)にある山脈を主な生活拠点としている部族によって織られているアーティスティックな絨毯です。

 

どちらも通気性もよく、サラサラとした手触りのため通常の絨毯のように冬場に出して夏場は片付ける必要がなく、オールシーズンでずっと出していても大丈夫なんです!

 

毛足のないキリムは、夏はサラッと涼しく、冬はウールの暖かさがあり、ギャッベは保温性に優れており、寒い時期にも大活躍してくれます。

どちらも手作りのため全て1点物。
羊毛(ウール)を主として使用した絨毯で、草木染によって装飾しているのが特徴です。

 

ザクロの皮で赤色に染めたり、オリーブの葉で緑色に染めたりするそうです。

実際に染めているところを見てみたい・・・。

 

 

すでに魅力いっぱいですが、、、
もう1つ最後にお伝えしたいこと。

 

それは、『モチーフ』の魅力です。

 

キリムやギャッベには様々なモチーフが織り込まれています。

織られる産地によって使われるモチーフやデザインにも特徴がありますが、幸せな暮らしを願う縁起の良いものばかりです。

 

たとえば『生命の木』

ひとつの幹から枝葉がわかれ大きく広がっていく様子を描いたこちらのモチーフは、

“脈々と続く命、子孫の繁栄”
をイメージしていたり

“男性の成功・永遠の命”
などを意味することもあるようです。

 

先ほどのラグにも動物と生命の木が。。。!

 

ひとつひとつのモチーフの意味を知るとよりキリム・ギャッベに愛着が湧いてきます◎

 

手触り足触りを体験してみたい!と思った方。

LisM 2F life style shopにて展示中です。

また、9/19(金)~9/22(火)は
【オータムアートフェア】を開催致します!

・キリムラグ
・リサラーソン商品
・ヤコブセンの時計
・マティスの絵画
・Finlayson商品 and more……

世界的有名ブランドの商品を、お買い求め易い期間限定プライスにてご用意させて頂きます!

お時間ある方は、是非お立ち寄りください♪

 

一覧へ戻る