MEIKEN

スタッフブログBLOG

BLOG

ドライフラワーと色の関係

こんにちは。
インテリアコーディネーターの加藤です。

最近よく耳にする「おうち時間」。
皆さんはどのように過ごされていらっしゃいますか?

私は、数ヶ月前までは休日は必ずと言っていいほど外出し、カメラ片手に海へ行ったり、バトミントンをしたり、お洒落なカフェを求めて遠出したり、、、と動き回っていたため、家にいる時間が多くなった分、何度も部屋のレイアウトが変わりました。笑

 

最近は植栽やお花を飾るのにハマっています。

家でドライフラワーを飾りながら、ドライフラワーの魅力って何だろう、という疑問がわき、ちょっと考えてみました。(おうち時間が増え、考える時間が増えました)

 

視点は様々ですが、ひとつの結論として出たのが「色」が意外と大事な要素なのでは。ということです。

生花にはなくてドライフラワーがもつ絶妙な色。

くすみカラー、ニュアンスカラーとも言いますが、トーン分類で言うとltg(ライトグレイッシュ=明るい灰みの)です。

 

参照:©日本色研事業株式会社, 2007

 

上品で落ち着きのある雰囲気になり、色んな色が混ざってても同じトーンだから全く違和感なく調和してくれます。

だから何を組み合わせてもいい感じに仕上がるのかと納得です!笑

 

空間づくりに「色」は欠かせないな、カラーの勉強をしていて良かったな、と感じる今日この頃です。

まだまだ家で過ごす日々は続きそうなので、部屋の模様替えはそこそこにしてインテリアの勉強も頑張ります。

 

一覧へ戻る
来場予約