MEIKEN

スタッフブログBLOG

BLOG

畳にゴロン

休日に畳にゴロンとしているのが至福の時間です。

床座という言葉をご存じでしょうか?
文字通り床に座ることで、
フローリングやラグ、畳に座りたいという床座を求める気持ちは、
洋の椅子座と合わさり日本独特の住宅様相を作っています。



床座と椅子座は視点高が異なるため、
例えはダイニングテーブルの近くに畳があると寛ぎにくさを感じます。
畳上にローソファを置く、畳を小上がりにする、
もしくはソファのあるリビング空間を挟んで畳スペースを設けるなど、
高さの違いを緩和させる工夫があると、心地よい空間になります。

弊社では、床座が調和した空間も多くご提案しております。
床や畳にゴロンと横になりたい気持ち、是非ご相談ください。
設計事業部末岡でした。
一覧へ戻る