MEIKEN

スタッフブログBLOG

BLOG

自動運転と今後の暮らしかた

こんにちは、営業担当の山野です。

最近、私の地元の近くで気になるニュースを見ました。

《西鉄自動運転バス「実現に期待」 北九州市で中型車実証実験》

(上記リンクからニュース記事が閲覧できます。)

テクノロジーは進んでいますね。。。

将来的には完全無人のバス運行を行い、

運転手不足の緩和や収支改善を目指しての取り組みとのことです。

自動運転バスの無料体験試乗のイベントもあるみたいです!)

 

  

 

バスのような公共交通機関はもちろん、一般乗用車も自動運転の実用化が進めば、

私たちの暮らしは大きく変わるかもしれませんね。

例えば、新築を土地探しから行う場合。

土地選びの主な基準の一つとして、「利便性」があると思います。

「勤務先から遠いのは嫌」

「スーパー、ドラッグストアが近くにない」

「老後に車がないと生活できない」

これら全部、自動運転の車があれば解決できるかもしれません!

「勤務先から遠いのは嫌」

・自動運転によって走行している車の停止・発進のタイミングがコントロールされ、

渋滞緩和が考えられます。

・基本運転はお任せなので、運転中に読書やドラマを見たり、趣味の時間に使えます。

・運転中にメールチェック・ToDo確認できるので、始業時間ぎりぎりでもスムーズに仕事をスタートできるかも。。。

 

 

 

 

「スーパー、ドラッグストアが近くにない」「老後に車がないと生活できない」

・自動運転のバスの利用。(運転手がいらないので路線も増加しやすいですね。)

・自動運転の宅配サービスがあれば、買い物に出向く必要がなくなるかもしれません。

 

 

 

まだまだ、想像の域をでませんが、

私個人的には自動運転の実用化が実現すれば遠くない未来に感じられます。

(早くなってほしい私の願望が強いだけかもしれないです!笑)

家自体のプランニングももちろんですが、土地選びに関しても、

ここ5~10年のメリット・デメリットで選ぶのではなく、

数十年後の生活環境でのメリット・デメリットを考慮したいですね。

 

 

 

私が主に担当させて頂いている「無印良品の家」では去年、平屋の「陽の家」が発表されました。

 

 

先日、防府市にオープンしたモデルハウスで、

無印良品の家の商品開発者によるトークイベントを開催しましたが、

これからの暮らしかたの変化と、それに対応できる住まいについてお話されていました。

(トークイベントの内容をまとめた動画はこちら。※Youtube動画ページのリンクです。))

 

 

 

私自身、建築デザインや住宅ローン等、住宅に特化した事柄だけでなく、

暮らしかたの変化全般について、学んでいく必要があると気づかされたニュースでした。

 

 

P.S.

無印良品の家「陽の家」モデルハウスのご見学お待ちしております。

「永く使える、変えられる」というメインコンセプトを軸に暮らしをご提案しております。

見学のご予約はこちら。

一覧へ戻る