MEIKEN

スタッフブログBLOG

BLOG

わくわくのために

こんにちは。設計事業部の野村です。
8月も終わろうとしているのに、まだまだ暑い日が続きますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
僕は設計職なので、エアコンの効いた部屋で快適に仕事をしてます。
この時ばかりは、設計職で良かったとよく思います。

今回は僕が最近はまっているものを紹介したいと思います。
最近は3Dモデリングをひたすらしてます。
3Dモデリングとは?と思われた方もいるのではないでしょうか。
実際に見たほうがわかりやすいと思いますので、写真をパシャリ。



打合せしていて、すごく思います。
言葉や図面、サンプルだけではどうしてもお部屋のイメージしにくいですよね。。。
そんな時に活躍するのが、この3Dモデルです。
パースの場合だとある一面しかお見せできないのですが、3Dモデルを作成していると一面だけでなく他の面もお見せできるので、
より完成後のイメージをしやすくなると思います。
打合せ中に出たお客様のご要望もその場で反映することができるので、お客様が悩む時間も少なくなります。


また、実際にご提案している家具や照明が、既製の3Dモデルにないことが多いので、
より完成後をイメージできるように最近は家具や照明を自作しています。




家具や照明はいろいろなデザインのものがあるので、それが変わるだけでお部屋の表情ががらっと変わります。
既製の部品では表現できない部分も多いので、お客様がより生活をイメージできるようにちょっと手間を加えています。

一生に一度の家づくり。お客様にわくわくしていただける打ち合わせを大切にしています。
一覧へ戻る