MEIKEN

スタッフブログBLOG

BLOG

こんにちは!

住宅事業部の生田です!

今日は室内の湿度についてお話します!

 

室内で人が快適に感じる湿度は50%程度だそうです。

湿度が低いと空気が乾燥して肌やのどが乾燥して風邪をひきやすくなったり、インフルエンザウィルスが活発になったりします。

逆に、湿度が高いと、カビが生える、ダニなどの害虫が増える、など、いろいろな悪影響がでることがあります。
それだけではなく、窓に結露が発生し、壁やカーテンにカビが生えたり、体温調節がうまくできなくて熱中症になりやすくなったりします。

私の自宅では湿度計を設置し湿度を確認できるようにしています。皆様も試してみてはいかがでしょうか?

一覧へ戻る