MEIKEN

お客様の声CUSTOMER REVIEWS

お客様の声 Vol.5

A様とMEIKENとの出会いは、2018年6月。

3年前に家を引継ぎ生活に合わせたリノベーションを考えていたところ、ポストに投函されていたタブロイド紙を見たのがきっかけでした。

「タブロイド紙を見た時にはじめてMEIKENを知りました。その広告を見て、一度相談してみたいと思ったんです。」とA様。

お電話にてお問い合わせをいただき、山口スタジオにご来場。スタッフの親身な対応に好感を抱きMEIKENにお願いすることを決めてくださったそうです。

お子様の成長に合わせ、生活のしやすさや家事動線を変えたいとのご要望からリノベーション計画がスタート。

既存の家の雰囲気を大切にしつつ、生活動線をよりスムーズなものにするためリビングダイニングは和室から洋室へ変更。

間仕切り壁をなくしてひとつの空間にし、床は無垢材で仕上げました。さらにお子様達がリビングでも勉強できるように、部屋の一角をスタディスペースに。奥様が料理をしながらお子様の様子を見ることができます。

「プロ目線と素人目線は違うな…すごいなぁと思うことがたくさんありました。」と奥様。

ご家族のご要望をきくだけでなく、生活のしやすさを考慮しキッチンや床、家具など、ご夫婦のイメージ通りの適格な提案が特に印象に残っているそうです。

MEIKENスタッフとの思い出についてお伺いしたところ、

「担当してくれた矢野さんんはとても相談しやすくて、お話の仕方もとても丁寧で、見習いたいと思うところがたくさんありました!子ども達は矢野さんはじめ、現場の方々にもすっかり懐いていて、矢野さんはいつ来るの?今日みんな来るん?と聞いてきます(笑)。」とA様ご夫婦。

ご夫婦だけでなく、お子様達にとっても心に残るリノベーションとなりました。

建物全体の伝統的な和の趣を残しながら、リビングダイニングと水廻りをリノベーション。ブラックで統一された照明器具や家具や深い色合いの木材が、空間をモダンに引き立てます。

ご家族が思い描いた、家事のしやすい理想のお住まいが実現いたしました。

お客様アンケート

MEIKENで家を建ててよかったと思うことは何ですか?

今の家の雰囲気は崩さず、生活動線、家事動線にあたるリビングダイニングは洋室にしたく、間仕切り壁をなくして1つの空間にできて、さらに子どもたちがリビングでも勉強できるようにテーブルができてイメージ通りのリフォームができたところです。
矢野さんをはじめ、MEIKENのみなさま、現場のみなさまがとても優しく丁寧な対応をしてくださったところもです。
子どもたちが広々遊べて、勉強もでき、料理をしながら様子をみれるので、とても生活しやすくところもです。

ここをもっとこうしておけば…と思われることはありますか?

いつか庭もしたいと思っています。

家づくりを進めていくなかで、思い出に残ったことは何ですか?

主人と話していたのですが、プロ目線と素人目線は違うなぁと…すごいと思うところがたくさんありました。例えば床でもお風呂のパネルでも…生活のしやすさやここはこういう感じも良いですよねと新たなご提案をして下さったり、追加工事がでたときも快く相談にのって下さりご対応して下さったところです。
子ども達が矢野さんはじめ、現場の方々にとても懐いていたところもです。

これから家づくりを始められる方に一言アドバイスをお願いします。

みなさま本当に優しく親身になってご対応して下さるので
何か1つでも分からないことなどあったら聞かれて一緒に考えたり、
家のイメージができあがったり、わくわくすると思いますので、ぜひご相談されて下さい。

一覧へ戻る
来場予約